請求QUICKでは、請求書をメールや郵送代行で発行する場合に指定した日時に自動で発行・送付することができます。
自動発行予約を活用すれば、請求書の発行漏れを防ぐことができます。
この記事では、請求書の自動発行予約についてご案内いたします。

■請求書作成時に請求日と発行時刻を設定でき、指定した日時に自動で発行・送付することができます。
■ステータスが「発行待ち」の請求書が請求日に自動で発行・送付されます。
■メール送付か郵送代行が含まれる発行方法の請求書で使用できます。
■請求書作成予約で請求書を作成する場合も使用できます。

 

自動発行予約が設定できる請求書の発行方法

自動発行予約は以下の発行方法の請求書の場合に使用できます。
■メール送付(PDF添付)
■メール送付(URLリンク)
■メール送付(PDF添付)+郵送代行
■メール送付(URLリンク)+郵送代行
■郵送代行

発行方法がPDFダウンロードの場合は使用できません。

 

自動発行されるタイミングについて

請求書作成時に設定した「請求日」の「予定時刻」に自動で発行・送付されます。

 

自動発行される請求書のステータスについて

「発行待ち」ステータスの請求書が対象です。

設定した請求日までに、請求書のステータスを「発行待ち」にしてください。
「発行待ち」のステータスになっていないと、請求日に発行・送付されません。
・請求書作成予約で予約作成した場合も、請求日までにステータスを「発行待ち」にしてください。

 

自動発行予約の設定方法

・請求書を新規作成する場合
請求書作成画面の「発行方法」で設定します。
「発行方法」でメール送付か郵送代行が含まれる発行方法を選択します。
[請求日に自動発行]にチェックをし、予定時刻を選択します。
____________.png

・請求書作成予約で作成する場合
予約作成の「作成スケジュールの設定」と「発行方法」で設定します。
作成スケジュールの設定で「周期(請求日)」と「作成日」をそれぞれ設定します。
____________.png

発行方法でメール送付か郵送代行が含まれる発行方法を選択します。
[請求日に自動発行]にチェックをし、予定時刻を選択します。
____________.png

予約スケジュールの設定で「指定した請求日」に対して「指定した日数前」に自動で下書きが作成されます。
その作成された請求書の請求日までにステータスを「発行待ち」にしてください。

・請求書一覧画面から設定する場合
請求書一覧画面から設定します。
自動発行予約したい請求書を選択し、[発行予約]をクリックします。
______________-1.png

発行予定時刻を選択します。 ______________.png

・ステータスが「下書き」「差戻し」「承認待ち」「発行待ち」の請求書が対象です。
・複数の請求書を一括で発行予約することが可能です。
・発行予定時刻が違う場合は、1通ずつ設定してください。

 

自動発行予約の取り消し方法

請求書一覧画面から自動発行予約を取り消すことができます。
自動発行予約を解除したい請求書を選択し、[発行予約]をクリックします。
_______.png

取り消しについてメッセージが表示されるので、[OK]をクリックすると取り消しされます。_______.png

・ステータスが「下書き」「差戻し」「承認待ち」「発行待ち」の請求書が対象です。
・複数の請求書を一括で自動発行予約を取り消すことが可能です。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています