「税額を修正してください」とエラーが表示されたときの対応方法

この記事では請求書作成で「税額を修正してください」とエラーが表示されときのの対応方法について解説します。

エラーが表示された場合は、以下いずれかの可能性があります。
  • 消費税額の計算を「税率ごと」に設定しているためにエラーが発生している
  • 明細行の消費税額が「0円」のままのためエラーが発生している
請求書の作成画面に表示される「消費税額は明細行ごとに入力された消費税額の合計」と「税率ごとで計算された消費税額の合計」が一致している必要があります。エラーが表示された場合、それぞれの合計値が一致しておりません。本記事では、発生する事象とその対応方法について詳しく解説していきます。
売上仕訳や入金仕訳データの作成やその出力方法についてはこちらをご参照ください。
....【請求QUICK】使い方|入金・仕訳を管理

 

「税率ごとに消費税計算された合計金額」と「明細行ごとに計算された消費税の合計金額」がずれているケース

「税率ごとに計算された消費税合計額」と「明細行ごとの消費税合計額」が異なり、エラーが表示されている場合、消費税額の計算を「税率ごと」に設定しているためにエラーが発生しています。そのため、このケースでは明細行の消費税額を「税率ごとに計算された消費税合計額」と一致するように修正する必要があります。

なお、請求QUICKでは消費税額を「税率ごと」に設定をしていても明細行ごとに消費税の計算結果を表示しております。 これは仕訳データを出力するときに消費税額を明細ごとに出力する必要性があるためです。

______________________________2-1.png

青枠ではそれぞれの明細行ごとに消費税額が計算されます。
2,997円+消費税10%=300円
1,845円+消費税10%=185円
999円+消費税10%=100円

赤枠では作成いただいた明細の合計値とその消費税額が計算されます。
※合計額は明細行ごとの消費税額を積み上げ計算していません。合計額から直接、消費税額を計算します。
5,841円+消費税10%=584円

その結果、明細行に表示された消費税額の合計と明細の合計値から計算された消費税額が一致しないケースがあり、その際にエラーが表示されます。
300円+185円+100円(=585円) ≠ 584円(=合計額に対する消費税額)

上記ケースの場合、いずれかの明細行にて、総額の合計値から計算された消費税額と一致するように金額調整をおこなってください。

明細行ごとの消費税額が「0円」のケース(12/21後の機能確認中)______________________________3.png

消費税区分マスタにて消費税の計算を「しない」・税率を「0%以外」で設定している場合、明細ごとに計算される消費税額は「0円」が入力されます。
この場合、合計金額から計算された消費税額と一致しないため、エラーが表示されます。
0円+0円 ≠ 2,000円

上記ケースの場合、総額の合計値から計算された消費税額と一致するように、それぞれの明細行で消費税額を入力してください。

一括でCSVアップロードした下書きにある請求書を一括で「申請」をする場合(下図参照)も、税額が不一致の場合はエラーとなり、1つずつ修正が必要です。
______________________________3-1.png
請求QUICKで仕訳出力をする必要がない場合に対応するため、明細単位で調整をしない設定ができるよう仕様変更を検討しております。
仕様が変更された際にはメンテンスのお知らせにて、みなさまにお知らせします。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています