「オーナー」と「管理者」のみ、ユーザーごとに請求担当者情報をいつでも登録・変更することができます。請求書に印字する電話番号などは、請求担当者ごとに異なる場合があります。
請求QUICKでは、請求担当者ごとに所属や連絡先などを設定できるため、あらかじめ登録しておくと便利です。この記事では、自社ユーザーの請求担当者の情報を登録・変更・修正する方法を解説します。

■請求書作成時、請求担当者を指定しない … 請求書には自社情報が印字されます。
■請求書作成時、請求担当者を指定する … 請求担当者の電話番号や所在地が印字されます。
■請求書担当者名と請求書作成者は別のユーザー名を設定できるため、営業アシスタントが請求書を作成し、担当営業名義で請求書発行するなどが可能です。
ユーザーごとに請求担当者の情報を登録するには、事前にユーザーの登録が必要です。

1. 管理画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側メニューの[ユーザー]を選択します。
登録済みのユーザーが一覧表示されたら、設定したいユーザーの行をクリック。
50304a.png

2. ユーザー詳細画面が表示されたら、上段の[請求担当者]タブをクリックして画面を切り替えます。
__________2022-09-22_14.25.07.png

3. 表示された[請求担当者]タブの各項目を設定します。
各項目の詳細は、以下の表を参照してください。

設定項目 設定内容
所属 請求担当者が所属している部署名
役職 請求担当者が就いている役職名
名前

請求書に印字される担当者名

初期値にはユーザー詳細[基本情報]タブ画面で設定した[名前]が自動入力されます。印字用の[請求担当者]の名前が登録可能です。

連絡先

請求書に印字される電話番号やFAX番号、メール送付時のメールアドレスを登録できます。

連絡先 -

メールアドレス Cc/Bcc

請求書送付時、登録したメールアドレスが送り主のCc/Bccに追加されます。
[+ Cc/Bccを追加]をクリックすると、入力欄が最大15件まで登録可能です。

所在地

取引先の住所

ここで登録した住所が請求書に印字されます。
請求書発行方法で「郵送代行」を利用する場合、ここで登録した住所が送り主住所になります。

メール差出人のアドレスを変更したい場合は … メールの差出人・ドメインを設定する

4. 項目の設定が完了したら、管理画面右下の【保存】をクリックします。
設定変更が無事に完了すれば、「マスタを保存しました」とメッセージが表示されます。
50304c.png

おつかれさまでした!

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています