この記事では、自社ユーザーの役職を登録する方法を解説します。

ユーザーの役職を登録しておくと、承認経路やユーザーデータの作成・管理をスムーズにおこなえます。以下のようなときに便利です。
■承認経路を設定する際、承認者役職で絞り込みたいとき
役職のマスタデータを管理したいとき
 
以下のユーザーには不要な設定です。
■請求書発行の承認経路を利用しないユーザー
■役職(コード)を使用した仕訳作業を実施しないユーザー
■役職を登録する権限は、「オーナー」と権限を付与された「管理者」のみが持っています。「一般」と「閲覧のみ」のユーザーは登録する権限がありません。

1. 管理画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側メニューの[役職]を選択します。
登録済みの役職の一覧が表示されます。
50406a_.png

2. 役職一覧画面右上の【作成】をクリック。
50406b_.png

3. 役職作成画面が表示されたら、各項目を設定します。
各項目の詳細な内容は、以下の表を参照してください。
50406c_.png

設定項目 設定内容
管理No.

役職ごとの固有番号

[手動で設定する]をチェックすると手動で入力可能。
[手動で設定する]のチェックを外すと自動付番されます。

役職名

請求書作成時やユーザー設定画面などで表示される役職名

役職コード

役職を識別するための文字列

役職コードは仕訳データ作成時に出力できるので、会計ソフトに読み込ませるときなどに便利です。

説明

請求書には印字されない自社内でのメモ

役職一覧画面の[説明]に表示されます。
役職ごとの注意事項・取り決めなど、社内共有したい内容を記載できます。

対象ユーザー

この役職に割り当てるユーザーを選択

[+対象ユーザーを追加]をクリックして表示されるポップアップメニューから選んでください。

ユーザーの役職を登録する際、役職作成画面の最下段で「+対象ユーザーを追加」を選択すると、すでに該当ユーザーに登録されている所属役職がある場合は下記画像のように既存の登録情報とは別枠で新たに役職が登録されます。
すでに登録されている情報と併記したいときは、左側メニューの「ユーザー」から該当のユーザーを選択し、所属や役職を変更する必要があるのでご注意ください。
__________2022-09-22_14.47.58.png_.png

4. 各設定項目を入力できたら管理画面右下の【保存】をクリック。
役職のデータが登録されます。
50406d_.png

おつかれさまでした!

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています