オーナー管理者のみ、登録済みの自社ユーザーアカウントを無効化したり、必要に応じて解除することができます。
この記事で解説するのは、ユーザーのアカウントを無効にするための使用不可設定と、その設定を解除する方法です。

使わなくなったユーザーのアカウントは使用不可に設定しておきましょう。ただし、すでに発行済みの請求書に紐づけられている場合、請求書の情報は残ります。
ユーザーの情報を完全に削除したいときは、「自社ユーザーを削除する」を参照してください。
使用不可に設定したユーザーは請求QUICKから削除されるわけではありませんが、ログインができなくなります。
また、請求書作成時の請求担当者など、ユーザーを選択する画面には表示されません。
ユーザーを使用不可に設定しても、契約ユーザー数は変更されないのでご注意ください。
契約ユーザー数の変更については、「有料ユーザー数を変更する」をご確認ください。
有料アカウントのユーザーを使用不可にした場合、有料ユーザー枠の残数が増加します。

 

ユーザーを使用不可にする

1. 管理画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側メニューの[ユーザー]を選択します。
登録されているユーザーの一覧が表示されたら、アカウントを無効化したいユーザーをクリックします。_________.png

2. 選択したアカウントのユーザー詳細基本情報タブ画面が表示されます。____.png

3. 表示されている画面の下段にある[使用不可にする]をチェック。_________.png

4. 画面右下の【保存】をクリックします。____________.png

「修正内容を保存しました。」と表示され、該当ユーザーは使用不可になります。

使用不可に設定したユーザーは、ユーザー一覧画面には表示されなくなります。

おつかれさまでした!

ユーザーの使用不可を解除する

1. 管理画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側メニューの[ユーザー]を選択します。
使用可能な登録済みユーザーの一覧が表示されます。_________.png

2. 無効化したユーザーを表示するには、管理画面上段の[検索条件]をクリックします。____________.png

使用不可に設定したユーザーは、ユーザー一覧画面には表示されないため、[検索条件]から検索する必要があります。

3. [検索条件]の別枠ウィンドウが開いたら、[使用不可を表示]をチェック、続けて【検索】をクリック。____________.png

使用不可に設定されているユーザーのみが一覧画面に表示されるので、使用不可の設定を解除したいユーザーの行をクリックしてください。

4. 選択したユーザーのユーザー詳細基本情報タブ画面が表示されます。____.png

5. ユーザー詳細画面の下段にある[使用不可にする]のチェックを外します。______.png

6. 画面右下の【保存】をクリックします。_________.png

使用不可の設定が解除され、以後、該当アカウントは使用可能になります。
おつかれさまでした!

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています