請求QUICKを利用するユーザーを登録します。ユーザー登録は、管理者がユーザーを「仮登録」したあとに、招待を受けた人が「本登録」の手続きをすることで完了します。この記事では管理者がユーザーを「仮登録」する操作について解説します。

参照
招待されたユーザーが「本登録」する手順については「招待を受けて請求QUICKに参加する」を参照してください。

 

  • 招待メールを送ってユーザー登録する
  • メールを使わずにユーザー登録する

     

    招待メールを送ってユーザー登録する

    請求QUICKを利用するユーザーがメールアドレスを持っている場合はメールで招待することができます。

    1.画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側の[ユーザー]をクリックします。
    登録されているユーザーの一覧が表示されます。
    画面右上の[作成]ボタンをクリックします。
    C-5-3-2_2_01___________________________________.png

     

    2.表示されるユーザー作成画面でユーザー登録します。
    [ユーザーID]には、ユーザーごとに異なったIDを登録します。
    [名前]と[名前(フリガナ)]をそれぞれ入力します。
    C-5-3-2_2_02_________________ID____________________.png

    補足
    別のユーザーIDとしてすでに登録されているものは登録できません。

    ユーザーIDは半角英数10文字までです。
    ユーザーIDの先頭の固定文字は変更できません。

     

     

    3.[メールアドレス]に登録するユーザーのメールアドレスを入力します。別のユーザーのメールアドレスとしてすでに登録されているものは登録できません。
    [メールアドレスを使用せずにシステムを利用する]はチェックを外しておきます。

     

    4.画面下段の[仮登録]ボタンをクリックします。
    登録したメールアドレス宛に「請求QUICK(セキュリティコード)」のご案内メールが送信されます。
    以降はメールを受け取ったユーザーが本登録の操作をします。
    C-5-3-2_2_04______________________________.png

    補足
    セキュリティコードの有効期限は24時間です。有効期限が切れた場合は[招待メールを送信する]ボタンをクリックして招待メールを再送信ください。
    [招待メールボタンを送信しました]メッセージが表示され、手順3で入力したメールアドレス宛に、「請求QUICK(セキュリティコード)」というメールと「請求QUICK(ユーザー本登録のご案内)」というメールが再送されます。

    C-5-3-2_2_05__________________________________________________________.png

     

     

    参照
    本登録の方法は「招待を受けて請求QUICKに参加する」を参照してください。

    ユーザーの所属・役職や権限の設定は「ユーザーの基本情報を登録・編集する」を参照してください。

    ユーザーの請求担当者情報を設定する場合は「ユーザーの請求担当者情報を登録・編集する」を参照してください。

     

     

    メールを使わずにユーザー登録する

    請求QUICKを利用するユーザーがメールアドレスを持っていない場合のユーザー登録方法です。

    1.画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側の[ユーザー]をクリックします。
    請求QUICKに登録されているユーザーの一覧が表示されます。
    画面右上の[作成]ボタンをクリックします。C-5-3-2_2_06___________________________________.png

    2.ユーザー作成画面の[メールアドレス]の下にある[メールアドレスを使用せずにシステムを利用する]をチェックします。

     

    3.画面下段の[仮登録]ボタンをクリックします。C-5-3-2_2_08______________________________.png

    4.画面上段に[このユーザーは本登録が完了していません]と表示されます。
    表示枠内の本登録用URLとセキュリティコード(6桁の数字)を招待したユーザーに伝えて本登録してもらってください。C-5-3-2_2_09______________________________________________________.png

    補足
    セキュリティコードの有効期限は、[仮登録]ボタンをクリックしてから24時間です。期限切れとなった場合は、手順3の表示枠内の[セキュリティコードを再発行する]ボタンをクリックして、新たに発行されたセキュリティコードで登録の操作をやり直してください。

     

    参照
    本登録の方法は「招待を受けて請求QUICKに参加する」を参照してください。

    ユーザーの所属・役職や権限の設定は「ユーザーの基本情報を登録・編集する」を参照してください。

    ユーザーの請求担当者情報を設定する場合は「ユーザーの請求担当者情報を登録・編集する」を参照してください。

     

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています