請求QUICKで作成した請求書は、社内の承認・発行経路で承認・回覧された後に発行できます。
承認・発行経路は所属や役職、ユーザーに応じて柔軟に設定できます。
なお、承認・発行経路はあらかじめ請求QUICKに登録しておく必要があります。
この記事では、承認・発行経路を登録する方法を解説します。

参照
所属の作成方法は「所属を登録する」を参照してください。
役職の作成方法は「役職を登録する」を参照してください。

 

1.画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側の[承認・発行経路]をクリックします。
承認・発行経路の一覧画面が表示されます。

0629-4.png

 

2.右上の[作成]ボタンをクリックします。
承認・発行経路作成画面が表示されます。

0629-5.png

3.承認・発行経路の管理No.を設定します。
[手動で設定する]をチェックし、承認・発行経路ごとに重複しない番号を[管理No.]に入力します。
[手動で設定する]のチェックを外すと、請求QUICKが自動付番します。
請求書の作成画面では承認・発行経路の管理Noの若い順に表示されます。
0629-7.png

 

4.[経路名]に作成する承認・発行経路の名前を入力します。
入力した経路名は、請求書作成画面で選択肢として表示されます。

0629-8.png

 

5.必要に応じて[説明]に、この承認・発行経路についての説明を入力します。
入力した説明は、承認・発行経路の一覧画面に表示されます。

0629-9.png

 

6.[経路設定]で承認・発行経路の詳細な設定をします。
各項目の設定内容は以下の表を参照してください。

0629-10.png

 

設定項目 設定内容
請求書作成者が以下の場合 この承認・発行経路を適用する「請求書作成者」を指定します。
ここで指定したユーザーは請求書作成時にこの承認・発行経路を選択できます。
請求書作成者の所属や役職、ユーザー名で設定できます。
承認ステップ

[承認ステップを追加]ボタンをクリックすると、所属・役職・ユーザーが選択できるメニューが表示されます。この承認ステップの「承認者」を指定します。同じ承認ステップで複数の承認者を設定するには「+承認者を追加」をクリックします。[承認ステップを追加]ボタンをクリックすると、多段階の承認ステップが作成できます。

【補足】
同じ承認ステップに複数人の承認者がいる場合、いずれかの承認者が承認すれば次の承認ステップに進みます。

【参照】
承認の手順については「請求書を承認する、差戻しする」を参照してください。

飛越承認を許可する チェックすると、前の承認ステップの承認が得られていない請求書に対して後の承認ステップの承認者が承認することを許可します。
発行ステップ

最後の承認ステップで承認された請求書を発行する権限を持つ「発行者」を指定します。作成者や承認者と同様に所属・役職・ユーザーから選択できます。複数の「発行者」を設定する場合は[+発行者を追加]をクリックします。

【参照】
発行の手順については「請求書を発行する」を参照してください。

督促ステップ

請求書の入金期限が過ぎても入金がなかった際などに、督促メールを送る権限を持つ「督促者」を指定します。作成者や承認者と同様に所属・役職・ユーザーから選択できます。複数の「督促者」を設定する場合は、[+督促者 を追加]をクリックします。

【参照】
督促の手順については「請求書を督促する」を参照してください。

閲覧者 この経路を設定した請求書を閲覧できる「閲覧者」を追加できます。複数の「閲覧者」を設定する場合は、[+閲覧者を追加]をクリックします。

 

7.画面右下の[保存]ボタンをクリックします。
作成した承認・発行経路が保存され、承認・発行経路画面に戻ります。

0629-11.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています