登録済みの消費税区分を一時的に使用不可にします。
使用不可にした消費税区分は請求QUICKから削除されませんが、請求書作成画面などで選択肢に表示されなくなります。また、使用不可の設定は必要に応じて解除することができます。
この記事では消費税区分を使用不可にする方法と、使用不可を解除する方法を解説します。

参照
消費税区分を請求QUICKから完全に削除したい場合は「消費税区分を削除する」をご確認ください。

 

1.画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側の[消費税区分]をクリックします。
登録されている消費税区分の一覧が表示されます。0613-15.png

 

2.使用不可にする消費税区分をクリックします。
消費税区分の詳細画面が表示されます。C-6-3-2_2_01-2___________.png

 

3.消費税区分の詳細画面最下段の[使用不可にする]にチェックを付けます。C-6-3-2_2_03__________________________.png

補足
使用不可状態を解除するには、[使用不可にする]にチェックを外します。

 

4.画面右下の[保存]ボタンをクリックします。
使用不可の設定が保存され消費税区分の一覧画面に戻ります。
0614-8.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています