請求書内訳のマスタ情報を削除する

この記事では、すでに登録してある請求書内訳のマスタ情報を完全に削除する方法を解説します。

使用しない内訳マスタ情報は、随時削除しておくことで管理業務をスムーズに遂行できるのでおすすめです。
内訳マスタ情報の削除方法は二通りあります。ひとつは、詳細画面で内容を確認してから削除する方法。もうひとつは、一覧画面からスピーディーに削除する方法です。
また、こちらの機能は「管理者」と「一般」ユーザーが操作する場合、権限が付与されている必要があります。
■「下書きを含む請求書」および「入金データ」に紐づけられている内訳は削除できません。過去に使用した内訳を今後使用しない場合は、内訳を「使用不可」にしてください。
■本設定をおこなうと、請求QUICKからデータが完全に削除されるので、後から復活させることはできません。一時的に利用不可にしたい内訳は「使用不可」の設定をおこなってください。

 

内訳詳細画面で内容を確認してから削除する

まずは、詳細画面で確認してから削除する方法について解説します。

1. まず、管理画面右上にある歯車アイコンをクリックします。
2. 次に、左側メニューの[内訳]をクリック。
3. 登録済みの内訳を一覧できる画面が表示されます。
3.png

4. 削除したい内訳の行をクリック。
4.png

5. 選択した内訳の詳細画面が表示されたら、最下段に赤字表記されている[内訳を削除]をクリックします。
5.png

6. 「この内訳を削除してもよろしいですか?」と表示されたら、【OK】をクリックしてください。
6.png

7. 画面上部に「内訳を削除しました。」と表示されます。
これで、詳細画面から請求書内訳のマスタ情報を削除する設定が完了です。

おつかれさまでした!

 

内訳一覧画面から削除する

1. まず、管理画面右上にある歯車アイコンをクリックします。
2. 次に、左側メニューの[内訳]をクリック。
3. 登録済みの内訳を一覧できる画面が表示されます。
33.png

4. 削除したい内訳の行で、右端にある[…]をクリック。 プルダウンメニューから[削除]を選択します。
44.png

5. 「(内訳名)を削除してもよろしいですか?」と表示されたら、右下の【OK】をクリックします。
55.png

6. 管理画面上部に「(内訳名)を削除しました」と表示されます。
66.png

これで、一覧画面から請求書内訳のマスタ情報を削除する設定が完了です。

おつかれさまでした!

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています