請求書内訳のマスタ情報を使用不可にする・解除する

この記事では、登録済みの請求書内訳マスタ情報を、使用不可にする方法と使用不可を解除する方法を解説します。

一時的に使用しなくなった内訳情報は、使用不可の設定にしておくと便利です。
また、「管理者」と「一般」のユーザーが設定する場合には、権限が付与されている必要があります。
■使用不可にした内訳は請求QUICKから削除はされませんが、新規請求書作成時の画面など内訳を選択する画面に表示されなくなります。
■使用不可の設定は解除できますので、必要に応じて更新してください。
■内訳を請求QUICKから完全に削除したい場合は、「内訳を削除する」をご確認ください。
※ただし、保存されている請求書に紐づいている場合は削除できません。「使用不可」をご利用ください。
■使用不可に設定しても、その時点で作成済みの請求書には影響しません。
■使用不可の設定後に作成する請求書から選択できなくなります。
■入金消込や仕訳出力にも影響はありません。

 

内訳を使用不可にする

登録済みの内訳を使用不可に設定する方法を解説します。
内訳の詳細画面で詳しい内容を確認してから使用不可にする方法と、内訳一覧画面からすぐに使用不可にする方法があります。

内訳詳細画面から使用不可にする

1. 管理画面右上にある歯車アイコンをクリックします。
2. 次に、左側メニューの[内訳]をクリック。
3. 内訳の一覧画面が表示されます。
3.png

4. 使用不可にしたい内訳の内訳名をクリックすると、内訳詳細画面が表示されます。
5. 内訳詳細画面の最下段にある[使用不可にする]にチェック。
5.png

6. 管理画面右下の【保存】をクリックします。
6.png

使用不可の設定が保存され、内訳の一覧画面に戻ります。

おつかれさまでした!

内訳一覧画面から使用不可にする

1. 管理画面右上にある歯車アイコンをクリックします。
2. 次に、左側メニューの[内訳]をクリック。
3. 内訳の一覧画面が表示されます。
33.png

4. 使用不可にしたい内訳の行の右端にある[…]をクリック。
プルダウンメニューから[使用不可にする]を選択します。
44.png

5. 「(内訳名)を使用不可にしてもよろしいですか?」と表示されたら、メッセージウィンドウ右下の【OK】をクリックしてください。
55.png

6. 管理画面上部に、「(内訳名)を使用不可にしました」と表示されます。

66.png

内訳の一覧画面に戻れば、使用不可の設定保存完了です。

おつかれさまでした!

内訳の使用不可を解除する

使用不可に設定していた内訳を、再び使えるようにする方法を解説します。
使用不可解除の場合も、詳細画面で詳しい内容を確認してから解除する方法と、一覧画面からすぐに解除する方法があります。

内訳詳細画面から使用不可を解除する

1. 管理画面右上にある歯車アイコンをクリックします。
2. 次に、左側メニューの[内訳]をクリック。
3. 内訳の一覧画面が表示されます。
333.png

4. 使用不可を解除したい内訳の内訳名をクリック。
選択した内訳の詳細画面が表示されます。
5. 詳細画面最下段の[使用不可にする]のチェックを外します。
555.png

6. 管理画面右下の【保存】をクリック。
666.png

これで、使用不可解除設定の完了です。

おつかれさまでした!

内訳一覧画面から使用不可を解除する

1. 管理画面右上にある歯車アイコンをクリックします。
2. 次に、左側メニューの[内訳]をクリック。
3. 内訳の一覧画面が表示されます。

3333.png

4. 使用不可を解除したい内訳の行の右端にある[…]をクリック。
プルダウンメニューから[使用可能にする]を選択します。

4444.png

5. 「(内訳名)を使用可能にしてもよろしいですか?」と表示されます。
内容に問題がなければメッセージウィンドウ右下の【OK】をクリック。

5555.png

6. 管理画面上部に、「(内訳名)を使用可能にしました」と表示されます。

6666.png

これで、一覧画面から使用不可を解除する設定は完了です。

おつかれさまでした!

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています