請求書を送る際、取引先だけでなく、取引先の担当者の氏名も記載する場合が多いかと思います。
登録済みの取引先に紐づく取引先担当者を登録しておけば、請求書作成の際にデータが自動入力できるようになるため便利。ぜひ確認してみてください。

あらかじめ登録しておくと…
請求書の宛名データが自動入力されます。
取引先と担当者の住所などが異なる場合、請求書の所在地などが担当者の情報に上書きされます。

 

取引先担当者の登録

1. 画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側の[取引先]をクリックすると、取引先の一覧画面が表示されます。
2. 登録したい取引先担当者が所属している取引先をクリックします。______.png

3.取引先の詳細画面が表示されます。___________.png

4. 画面上段の[取引先担当者]タブをクリック。一覧画面が表示されます。_________.png

5.[+ 取引先担当者を追加]をクリック。___________________.png

6. 取引先担当者作成画面が表示されます。_________.png

取引先担当者登録内容の詳細

項目名 入力内容
管理No.

担当者ごとの固有番号

[手動で設定する]をチェックすると手動で入力可能。
[手動で設定する]のチェックを外すと自動付番されます。

所属

担当者の所属部署

[請求書に印字する]をチェックすると、請求書の宛名欄に印字されます。

役職

担当者の役職

[請求書に印字する]をチェックすると、請求書の宛名欄に印字されます。

名前

担当者の名前

敬称は「御中」「様」(なし)から選択できます。
[請求書に印字する]をチェックすると、請求書の宛名欄に印字されます。

名前(フリガナ)

担当者名のフリガナ

表示名
(請求書には印字されません)

取引先基本情報の取引先担当者の表示名の設定

初期値は取引先担当者の名前をセットします。
[手動で設定する]をチェックすると入力できます。

連絡先

担当者の電話番号などが登録できます。

連絡先 -

メールアドレス To

取引先基本情報の請求書の発行方法で「メール」を含んだ方法を選択している場合、ここで登録したメールアドレスが宛先になります。

[+ Toを追加]をクリックすると、入力欄が最大15件まで登録可能です。

連絡先 -

メールアドレス Cc/Bcc

取引先基本情報の請求書の発行方法で「メール」を含んだ方法を選択している場合、ここで登録したメールアドレスがCc/Bccに追加されます。

[+ Cc/Bccを追加]をクリックすると、入力欄が最大15件まで登録可能です。

所在地

担当者の住所

ここで登録した住所が請求書の宛名欄に印字されます。

請求書発行方法で「郵送代行」を利用する場合、ここで登録した住所が宛先になります。取引先・取引先担当者どちらにも住所登録されている場合は、取引先担当者の住所が請求書に適用されます。

所在地 -

基本情報をコピー

[基本情報をコピー]をクリックすると、取引先基本情報の所在地データをセットします。

所在地 -

所在地を請求書に印字する

[所在地を請求書に印字する]をチェックすると、請求書の宛名欄に取引先担当者の所在地が印字されます。

請求担当者

取引先担当者の対応を行う自社の請求担当者

請求担当者を指定しない場合は、なしを選択します。

説明

請求書には印字されない担当者ごとのメモ

[取引先担当者]タブの一覧に表示されます。
注意事項・取り決めなど、担当者ごとに共有したい内容を記載できます。

※上記の表内に関する詳細は以下をご確認ください。
項目名:請求担当者について … 自社ユーザーの請求担当者情報を登録・編集する

7. 画面右下の【保存】ボタンをクリックします。
8. 取引先担当者の情報が登録され、[取引先担当者]タブに戻ります。____________.png

これで登録は完了です。

おつかれさまでした!

取引先担当者を登録すると請求書に自動反映される項目

取引先担当者を登録しておくことで、請求書作成時の入力作業を削減できます。
自動反映される項目は以下です。

項目名 反映される内容
所在地

取引先と異なる住所を登録している場合、取引先担当者の所在地が請求書に反映されます。

所属

担当者の所属部署

[請求書に印字する]をチェックしている場合のみ表示されます。

役職

担当者の役職

[請求書に印字する]をチェックしている場合のみ表示されます。

名前

担当者の名前

[請求書に印字する]をチェックしている場合のみ表示されます。


<請求書イメージ例>
請求書の赤枠部分が自動で反映される内容になります
image__10_.png

請求書には印字されませんが、請求書発行方法で「メール」を含んだ方法を選択している場合、請求書送付先となるメールアドレスも請求書作成画面で自動反映されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています