登録済みの仕訳パターンは、後から変更できます。
会計ソフトごとの雛形から作成した仕訳パターンをカスタマイズしたり、作成したオリジナルの仕訳パターンを変更することができます。

参照
会計ソフトの雛形を利用した仕訳パターンの作成については「会計ソフトの雛形を利用して仕訳パターンを作成する」を参照してください。


オリジナルの仕訳パターンの作成については「オリジナルの仕訳パターンを作成する」を参照してください。

 

1.画面上段の[仕訳]をクリックし、左側の[仕訳パターン]をクリックします。
登録済みの仕訳パターンの一覧画面が表示されます。

______.png

 

2.一覧の中の修正したい仕訳パターンをクリックします。
仕訳パターンの設定画面が表示されます。

___________.png

 

3.仕訳パターンの設定画面で、仕訳パターンの設定項目を修正します。

参照
各設定項目の詳細については「オリジナルの仕訳パターンを作成する」を参照してください。

 

4.画面右下の[保存]ボタンをクリックします。
修正した内容が保存されます。

_________.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています