請求QUICKを利用するためにはユーザー登録が必要です。
ユーザー登録は、管理者がユーザーを「仮登録」したあとに、招待を受けた人が「本登録」の手続きをすることで完了します。
この記事では招待を受けた人が「本登録」する操作について解説します。

参照
ユーザーの仮登録については「ユーザーを登録する」をご確認ください。

メールで招待コードを受け取った場合

自社の請求QUICKの管理者から「請求QUICK(セキュリティコード)」というメールと「請求QUICK(ユーザー本登録のご案内)」というメールが届いた場合の本登録の流れを説明します。

1.「請求QUICK(セキュリティコード)」のメール内に記載されているセキュリティコード(6桁の数字)をコピーします。
C-1-5_2_01____QUICK___________________________________6__________.png


2.「請求QUICK(ユーザー本登録のご案内)」メール内に記載されているURLをクリックします。
ユーザー登録画面が表示されます。
C-1-5_2_02____QUICK__________________________URL_____.png


3.ユーザー登録画面の[セキュリティコード]に、コピーしたセキュリティコードを入力します。
[設定するパスワード]と[設定するパスワード(確認)]にログインする際に使用するパスワードを入力します。

 

4.画面下段の[登録してログイン]ボタンをクリックします。
ユーザー登録が完了し、請求QUICKにログインします。
C-1-5_2_04___________________________________.png

補足
セキュリティコードの有効期限は仮登録後24時間です。期限切れとなった場合は請求QUICKの管理者から再度セキュリティコードを発行してもらい、ユーザー登録の操作をしてください。

 

メールを介さずに招待コードを受け取った場合

請求QUICKの管理者からメール以外の方法でセキュリティコードと本登録手続きページのURLを受け取った場合の本登録の流れを説明します。

 

1.本登録手続きページのURLにアクセスし、ユーザー登録画面の[セキュリティコード]に請求QUICKの管理者から受け取ったセキュリティコードを入力します。
[設定するパスワード][設定するパスワード(確認)]に請求QUICKにログインする際に使用するパスワードを入力します。

 

2.画面下段の[登録してログイン]ボタンをクリックします。
ユーザー登録が完了し、請求QUICKにログインします。
C-1-5_2_06___________________________________.png

補足
セキュリティコードの有効期限は仮登録後24時間です。期限切れとなった場合は請求QUICKの管理者から再度セキュリティコードを発行してもらい、ユーザー登録の操作をしてください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています