請求書買取機能は、取引先からの支払いを待たずに発行した請求書の金額を資金化できる機能です。
発行した請求書をSBI Fintech Solutions(株)が買い取り、最短2営業日で買取手数料 を
差し引いた金額が貴社の銀行口座に振り込まれます。
請求書買取機能の利用にはご利用のお申し込み(ご契約審査)と買取対象となる
請求書の発行先(取引先)の取引先審査が必要です。
この記事では請求書買取機能のご利用のお申し込み手順について解説します。

ご利用のお申し込み(ご契約審査)の前に「請求QUICKの継続利用の申し込み」と
請求QUICKの自動口座登録」が必要となります。

 

請求書買取機能を利用申込する

1.請求書買取機能の利用申込に必要な以下の書類を用意します。
・決算書 直近2期分(PDF形式)※1
・入出金明細 直近6ヶ月分(PDF形式またはCSV形式)※2
・商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書) 発行より3ヶ月以内のもの(PDF形式)
・代表者の本人確認書類(PDF形式)※3

※1 貸借対照表、損益計算書、勘定科目内訳書、税務申告書 一式

  直近2期分をご用意できない場合は請求QUICKサポートチームへお問い合わせください。 
※2 メインでご利用の口座の入出金明細 
※3  生年月日と顔写真が確認できるもの 
  例)運転免許証、パスポート、マイナンバーカード 等 


2.画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側の[サービス利用状況]をクリックします。
サービス利用状況画面が表示されます___________.png

3.上段の[請求書買取]をクリックします。
請求書買取タブが表示されます。______________.png

4.請求書買取機能のお申し込みからご利用までの流れを確認し、請求書買取タブの
[申し込み]ボタンをクリックします。
請求書買取機能の利用申込に必要な書類が表示されます。↓ ___________.png


5.必要な書類を準備して [手続きを進める]ボタンをクリックします。
請求書買取の利用申込画面が表示されます。
Frame_1925.png

6.請求書買取の利用申込画面の各項目を入力し、[次へ]ボタンをクリックします。
確認画面が表示されます。
各項目の入力内容は以下の表を参照してください。
H-2_05______________________________.png

入力項目 入力内容
担当者情報 ログインユーザーの情報が表示されます。
 担当者名 ログインユーザーの名前が表示されます。
 担当者名(カナ) ログインユーザーの名前のカナを入力します。
基本情報 企業情報を入力します。
 会社名 請求QUICKの申込時に登録した会社名が入力されます。
部署名 部署名を入力します。
 部署名(カナ) 部署名のカナを入力します。
所在地 自社の所在地を入力します。自社情報の[所在地]が初期値に自動入力されます。
代表者名 自社の代表者の氏名を入力します。自社情報の[役職/代表者名]が初期値に自動入力されます。
 代表者名(カナ) 自社の代表者名のフリガナを、半角カタカナで入力します。
 代表者生年月日 代表者の生年月日 をyyyy/mm/ddの形式で入力します。
郵送物送付先郵便番号 郵送物の送付先住郵便番号を入力します。
郵送物送付先 郵送物の送付先住所を入力します。
口座情報 請求書買取に使用する口座を登録します。
 メイン口座

メイン口座は請求QUICKの自動連携口座に登録している口座から選択できます。
事前に請求QUICKにて自動口座登録をしてください。
貴社が事業でご利用しているメイン口座を選択してください。

 入金先口座 SBI Fintech Solutions(株)からの請求書の買取金の入金先口座を登録します。[メイン口座と同じ]を選択チェックすると、メイン口座で選択した口座情報が自動入力されます。
添付情報 請求書買取機能のご契約審査に必要な書類をそれぞれ指定の形式で添付します。

 

7.確認画面で内容を確認のうえ、[この内容で申し込む]ボタンをクリックします。
完了画面が表示されます。
H-2_06_________________________.png

8.完了画面の[ウィンドウを閉じる]ボタンをクリックします。
サービス利用状況に戻ります。
H-2_07_________________________.png

申込状況を確認する

利用申込の内容はSBI Fintech Solutions(株)が審査します。審査完了後、
請求書買取機能を利用できます。
審査の状況はサービス利用状況画面の請求書買取タブで確認できます。
Frame_1926.png

■ 請求書買取機能のご契約審査が承認されなかった場合でも、引き続き請求書QUICKはご利用いただけます。
■審査中に申込内容を変更したい場合は、請求QUICKサポートチームまでお問い合わせ下さい。

 

取引先の審査を申請する

請求書買取機能の利用申込の審査完了後、買取対象となる請求書の発行先(取引先)の
取引先審査が必要です。審査で承認された取引先宛の請求書のみ請求書買取申請ができます。

取引先に対する審査について....請求書買取の取引先審査を申請する

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています