請求QUICKは、会計ソフトに連携する仕訳データをスムーズに作成できます。
請求・入金に関するデータには仕訳科目を設定でき、仕訳データ作成の際に出力できます。
請求書買取の仕訳科目は、請求書買取実行後にSBI Fintech Solutions(株)から入金があったときの仕訳科目を設定できます。
この記事では、請求書買取の仕訳科目を登録する手順を解説します。

請求書買取の仕訳科目は、請求書買取機能の利用申込の審査完了後に設定できます。
請求書買取機能の利用申込の手順については「請求書買取機能を利用申込する・申込状況を確認する」を参照してください。

 

1.画面右上の歯車アイコンをクリックし、左側の[自社情報]をクリックします。
自社情報画面が表示されます。
H-7_01_______________________.png

2.自社情報画面上段の[請求書買取]をクリックします。
自社情報の請求書買取タブが表示されます。
Frame_1919.png


3.仕訳連携設定に必要な項目に入力します。
請求書買取実行後にSBI Fintech Solutions(株)から入金があったときの仕訳科目を設定します。
[勘定科目コード][勘定科目名]を入力します。必要に応じて[補助科目コード][補助科目名]を入力します。
Frame_1918.png

[フリー項目]に入力した情報は仕訳データ作成時に出力することができます。


4.画面右下の[保存]ボタンをクリックします。
「修正内容を保存しました。」と表示され、設定が保存されます。
Frame_1916.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています