請求QUICKでは、会計ソフトに連携する仕訳データを効率的に作成できます。あらかじめ設定したファイルのフォーマット「仕訳パターン」にしたがって、請求QUICKから仕訳データを作成します。
この記事では、仕訳データの作成の手順について解説します。

参照
仕訳パターンの設定については「会計ソフトの雛形を利用して仕訳パターンを作成する」を参照してください。

 

売上仕訳用のデータを作成する

1.画面上段の[仕訳]をクリックします。
仕訳出力画面が表示されます。

 

_______.png

 

2.[仕訳パターン]をクリックし、メニューから登録済みの売上仕訳用の仕訳パターンを選択します。
仕訳パターンで設定されている日付範囲や請求書範囲の請求データが絞り込まれて表示されます。

____.png

 

補足
請求データの絞り込み条件や出力データに反映する仕訳日付や伝票番号は最下段の[条件を変更]をクリックして、変更できます。_________.png

 

3.出力する請求データをチェックし、[チェックしたデータを仕訳出力]ボタンをクリックします。
会計ソフトに読み込ませるための売上仕訳ファイルがダウンロードされます。
_________________.png

補足
一覧に表示されているすべての仕訳データを出力する場合は、一覧のタイトル行にチェックします。

 

補足
出力する請求データをチェックした状態で、[チェックしたデータを仕訳出力]ボタンの[v]をクリックし「CSV ダウンロード」を選択すると請求額や請求日などのサマリ情報を CSV ファイルでダウンロードできます。_____CSV.png

 

入金仕訳用のデータを作成する

1.画面上段の[仕訳]をクリックします。
仕訳出力画面が表示されます。

 

_______.png

 

2.[仕訳パターン]をクリックし、メニューから登録済みの入金仕訳用の仕訳パターンを選択します。
仕訳パターンで設定されている日付範囲や口座の入金データが絞り込まれて表示されます。

 

____.png

補足
入金データの絞り込み条件や出力データに反映する仕訳日付や伝票番号は最下段の[条件を変更]をクリックして、変更できます。

_________.png

 

3.出力する入金データをチェックし、[チェックしたデータを仕訳出力]ボタンをクリックします。
会計ソフトに読み込ませるための入金仕訳ファイルがダウンロードされます。

________________.png


補足
一覧に表示されているすべての仕訳データを出力する場合は、一覧のタイトル行にチェックします。

 

補足
出力する請求データをチェックした状態で、[チェックしたデータを仕訳出力]ボタンの[v]をクリックし「CSV ダウンロード」を選択すると入金日や入金額などのサマリ情報を CSV ファイルでダウンロードできます。

___________________.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています