請求QUICKを利用するためにはユーザー登録が必要です。
この記事では、請求QUICKへの招待を受けた人が本登録するための操作方法を解説します。

ユーザー登録を完了させるための手順は以下のとおりです。
1. 管理者がユーザーを仮登録する。
2. 招待を受けた人が本登録する。
本登録のための招待コードは、メールで受け取る場合と、メールを介さずに受け取る場合とがあります。
本登録するために必要なセキュリティコードの有効期限は、仮登録後24時間です。
期限切れとなった場合は、セキュリティコードを再発行する必要があるため注意してください。

 

メールで招待コードを受け取った場合

自社の請求QUICK管理者から、2通のメールが届きます。
ひとつは、「請求QUICK(セキュリティコード)」で、もうひとつは、「請求QUICK(ユーザー本登録のご案内)」です。

1. まず、ひとつめのメール、「請求QUICK(セキュリティコード)」を開きます。
2. メール本文に記載されているセキュリティコード(6桁の数字)をコピーしてください。
本記事では、セキュリティコードが「657292」であった場合を例に解説しています。
2.png

3. 次に、ふたつめのメール、「請求QUICK(ユーザー本登録のご案内)」を開きます。
4. メール本文に「ユーザーID」「ユーザー名」のあとに、httpsから始まるURLが記載されているのを確認してクリック。
4.png

5. ユーザー登録画面が表示されたら、以下の3つを入力してください。

  • [セキュリティコード]:メールからコピーしたセキュリティコードを貼り付ける。
  • [設定するパスワード]:ログイン時に使用するパスワードを入力。
  • [設定するパスワード(確認)]:確認のためにパスワードを再度入力。

6. 画面下段の【登録してログイン】をクリックします。
6.png

これで請求QUICKの本登録が完了です。

おつかれさまでした!

メールを介さずに招待コードを受け取った場合

管理者から直接、セキュリティコードと本登録手続きページのURLを受け取った場合、以下の手順で本登録してください。

セキュリティコードと本登録手続きページのURLを管理者から直接受け取っている場合、受け取ったユーザーの「メールアドレス」は登録されていません。通知などを受け取る場合には、請求QUICKにメールアドレスの登録が必要です。管理者宛にメールアドレスの登録をご依頼ください。

1. まず、本登録手続きページのURLにアクセスします。
2. ユーザー登録画面の[セキュリティコード]に、管理者から受け取ったセキュリティコードを入力。
3. [設定するパスワード][設定するパスワード(確認)]に、請求QUICKにログインする際に使用するパスワードを入力します。
4. 画面下段の【登録してログイン】をクリック。
44.png

これで請求QUICKの本登録が完了です。

おつかれさまでした!

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています