請求書のレイアウトを編集する

この記事では、社印の印影を請求書に印字する位置や、窓付き封筒に封入する際の目印となる折り目マークの印刷有無を設定する方法をご説明します。

請求QUICKでは、請求書のレイアウトを調整できます。
この機能は「オーナー」と権限を付与された「管理者」「一般」ユーザーが操作可能です。

1. まず、管理画面右上にある歯車アイコンをクリックします。
2. 次に、左側メニューの[自社情報]をクリック。
3. 自社情報の設定画面が表示されたら、画面上段の[請求書設定]をクリックして[請求書設定]タブ画面を表示させます。3.png

4. [請求書設定]タブ画面で、最下段にある[レイアウト]の項目までスクロールアップします。4.png

5. 「自社情報を右揃えにする」「自社情報を左揃えにする」のいずれかを選択します。5.png

6. [印影を重ねる][折り目マークを付ける(窓付き封筒による位置合わせ用)]をそれぞれ必要に応じてチェックします。

  • [印影を重ねる]にチェックを付けた場合:下記画像のように社名に重なる形式で印影がレイアウトされます。
  • [印影を重ねる]にチェックを付けなかった場合:社名や住所の下に印影がレイアウトされます。
  • [折り目マークを付ける(窓付き封筒による位置合わせ用)]にチェックを付けた場合:印刷時に三つ折り用の折り目をつけます。
「印影を重ねる」設定にする場合、印影の画像は背景に透過処理をした画像を利用してください。透過処理をしていない場合、印影が社名に重なり社名が見えないことがあります。

6.png

7. [プレビュー]に表示された実際の請求書のイメージで、内容を確認してください。7.png

8. 内容が確認できたら、管理画面右下の【保存】をクリックします。8.png

9. 「修正内容を保存しました」と表示されます。9.png

これで、請求書のレイアウト変更が完了です。

おつかれさまでした!

この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています